ブログ
Blog

HubSpotのCMS Hubの料金を解説!無料版でできること、料金プランごとの違いなどわかりやすく紹介

HubSpotのCMS Hubの料金を解説!無料版でできること、料金プランごとの違いなどわかりやすく紹介

現在、ホームページなどのWebサイトを簡単に構築できるツールがさまざま提供されています。HubSpotの「CMS Hub」は、専門的な知識がなくても自社のWebサイトを簡単に作成できます。

またHubSpotでは、中小企業向けのツールも提供されています。マーケティング活動に必要な機能が1つのツールに統合されているため、コストを抑えてツールを導入したい企業におすすめです。

今回は、HubSpot CMS Hubとは何か、また利用できる機能・料金について詳しく解説します。

HubSpot CMS Hubとは

ここでは、HubSpot CMS Hubとは何かについて紹介します。その前に「そもそもCMSとは何か」について解説します。

そもそもCMSとは

CMSとは、Contents Management Systemの略語で、Webサイトの画像やテキスト、レイアウトやデザインなどを管理する「コンテンツ管理システム」です。専門的な知識がなくても、Webサイトの構築や管理ができます。

Webサイトを構築する際、以前はHTMLCSSなどの知識が必要でした。画像やハイパーリンクの設置や変更など、難しいコーディングの知識がなければWebサイトのレイアウト変更などを容易に行うことができませんでした。

しかしCMSを活用することで、Web制作初心者でも短時間で簡単にWebサイトの構築が可能となります。

HubSpot CMS Hubとは

HubSpot CMS Hub

引用:HubSpot Japan

HubSpot CMS Hubとは、アメリカのHubSpot社が提供するCMSです。

CMS Hubは、パソコンやモバイルなど訪問者が使用するデバイス別のコンバージョン促進を最適化できるなど、多数の機能を備えています。

たとえばWebサイト構築の際、HubSpotにてあらかじめ用意のあるWebサイトの「テーマ」を利用できます。必要に応じてカスタマイズも可能で、Webデザインの知識が無くてもロゴやナビゲーションメニューなど、一体感のあるレイアウトでWebサイトを構築できます。

また「SEO推奨(アドバイス)」機能では、構築したWebサイトにおいて「おすすめのSEO対策事項」を提案してくれます。それにより、Webサイトのどこを改善すべきかが明確となり、専門的な知識がなくても自社サイトの検索結果を上位へあげるための施策を行えます。

その他、蓄積されたデータからWebサイトのパフォーマンスを分析できます。リードが発生しているコンテンツはどれか、訪問者の流入先はどのWebサイトかなど、自社サイトのコンバージョン率を向上させるためのさまざまな機能を有しています。

≪関連記事≫
HubSpot CMSとは?CMS Hubの機能、強み、料金プラン、事例や無料版でできることをわかりやすく解説

HubSpot CMSの料金プラン

HubSpot CMSは、以下4つの月額料金プランがあります。(2024年1月時点)

HubSpot CMS Hub 料金プラン

それぞれのプランで利用できる機能については、次章以降でくわしく解説します。

CMS Hub 無料プランでできること

CMS Hub 無料プランでは、コンテンツを管理する上で必要である基本的な機能を使用できます。

将来的に有料プランの使用を予定している企業が、トライアルとして利用するのに向いているといえるでしょう。また、個人やスタートアップ企業での活用にも向いています。

ここでは、CMS Hub 無料プランでできることについて紹介します。

プロ使用のホームぺージをドラッグ&ドロップ操作で簡単に作成

HubSpot CMS Hubの無料ツールでは、未経験で専門的な知識がなくても高性能かつ魅力的なホームページを作成できます。無料ツールとは言え、ホームぺージ構築のために必要な機能は全て兼ね備えているのです。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスに合わせてWebサイトを表示する機能を有しています。

CMS Hubではユーザーのさまざまなニーズに合わせたテンプレートを用意しています。その中から自社に最もマッチしたデザインを選定し、ナビゲーションメニューやロゴの作成などイメージ通りのWebサイト構築が可能です。

構築の際は、ドラッグ&ドロップによってとても簡単な操作でサイトをデザインできます。そのため、コーディングやプログラミングなどの知識を有したエンジニアをアサインせずとも、未経験の担当者でも簡単にWebサイトを構築できます。

SEO推奨機能により検索順位の向上を図れる

CMS Hub 無料プランでは、SEO推奨機能によって改善すべき施策を把握することができます。推奨される対策は、「高」「中」「低」と重要度が表示されるため、最も効果のあるSEO施策から実行できます。

自社サイトの検索結果を上位に表示させるためには、ユーザーの抱える問題を解決できる魅力的なWebサイト・Webコンテンツである必要があります。そのためには、SEO対策によってさまざまな改善を行わなければなりません。

しかし、SEO対策は専門的な知識と経験が必要です。ユーザーにとって魅力的で、さらに検索エンジンからの評価を得る必要があります。

CMS Hub無料プランは、実施すべき基本的なSEO対策のアドバイスをしてくれるため、初心者でも自社サイトを検索上位へあげる施策を行えるのです。

他社のアプリをWebサイトと直接連携

他社のアプリをWebサイトと直接連携することで、より効果的にマーケティグ活動を行えるようになります。

HubSpotのアプリマーケットプレイスにあるアプリ、たとえば「Gmail」「Facebook Messenger」「Zoom」「Google Search Console」などと連携すれば、効果的なマーケティングを行えるだけでなく社内のコミュニケーションを向上させ業務の効率化も図れます。

CMS Hub 無料ツールで使用可能な機能一覧

CMS Hub 無料ツールで使える機能について、詳細を以下の表にまとめました。(製品の特性上アップデートが定期的に行われます。HubSpot社公式ページをご確認いただくか、弊社100にお気軽にお問い合わせください。)

機能 概要
Cookie管理ツール バナーテンプレートを使用して同意バナーを100件まで作成可能
製品ライブラリー 100件
プレミアムホスティング
Webサイトのトラフィック分析 標準Webアナリティクスダッシュボード
レポート・ダッシュボード ダッシュボード:3件
ダッシュボードごとのレポート:10件
Apexホスティングとリダイレクト
ブログエクスポート
SEO推奨(アドバイス) 基本的な推奨
コンテンツ配信ネットワーク(CDN)
Eメールマーケティング Eメール送信件数 2000件/月
Webサイト構造のインポート
サブドメイン、ルートドメイン、CCTLDの利用 ルートドメイン:1件
サブドメイン:1件
CCTLD:1件
ブログのビルトインAMP(Accelerated Mobile Pages)のサポート
モバイル最適化
サイトのエクスポート
フォーム 制限あり
HubSpotモバイルアプリ
アプリ・アセットのマーケットプレイス 互換性のあるアプリとテーマ
Webサイトテーマ
広告管理 広告タイプ全て使用可能
シンプルなWebサイトオーディエンスのみ
ドラッグ&ドロップエディター
ブログインポート
Facebook Messenger 連携 シンプルなメッセージ
簡易的な返信
リストのセグメンテーション 動的リスト:10件
静的リスト:1,000件
その他制限あり
多言語コンテンツの作成 使用可能な言語:3つ
Webサイトページ・ブログ記事の多言語バージョンを作成可能
ランディングページ:使用不可
ブログ 1件 HubSpotロゴが含まれる
Webチャット HubSpotロゴが含まれる
ランディングページ 制限あり
Webサイトページ Webサイトページ:25件
動的コンテンツ:利用不可
HubSpotロゴが含まれる
ファビコンのカスタマイズ不可
共有受信トレイ 受信トレイ:1件
標準SSL証明書
詳細メニュー Webサイトページとブログ記事に適用
ランディングページに含まれない
ローカル環境でのWeb開発
WAF(Webアプリケーションファイアウォール)
チャットボット 制限あり
24時間365日のセキュリティー監視と脅威検出
カスタムドメインを接続
デザインマネージャー
99.99%の稼働時間を測定
カスタムドメインセキュリティー設定
XMLサイトマップ自動生成

 

CMS Hub 有料プラン(Starter、Professional、Enterprise)でできること

ここでは、CMS Hubの有料プランである「Starter」「Professional」「Enterprise」それぞれで利用できる機能について解説します。

それぞれどのプランを、どのような企業が使用するのに向いているかについても触れています。

Starterプランでできること

HubSpot CMS HubのStarterプランとは、月額2,700円〜で利用できる有料プランです。

価格を抑えられることから、スタートアップなどの小規模な企業、また個人での活用に向いています。

無料ツールの全機能に加えて、主に以下の機能や使用可能な件数が追加されています。

機能 概要
無料ツールの全機能
製品ライブラリー 100万件
Webサイトトラフィック分析 標準的なWebアナリティクスダッシュボード
レポート・ダッシュボード ダッシュボード:10件
ダッシュボードごとレポート:10件
SEO推奨 基本的な推奨
サブドメイン、ルートドメイン、CCTLDの利用 ルートドメイン:1件
サブドメイン:1件
CCTLD:1件
フォーム HubSpotロゴなし
その他追加機能あり
アプリ・アセットマーケットプレイス 互換性のあるアプリとテーマ
広告管理 広告タイプを全て利用可
オーディエンス:2件
Facebook Messenger連携 シンプルなメッセージ
簡易的な返信
HubSpotロゴなし
リストのセグメンテーション 動的リスト:10件
静的リスト:1,000件
多言語コンテンツの作成 使用可能な言語:3つ
Webサイトページ・ブログ記事の多言語バージョンを作成可能
ランディングページ:使用不可
ブログ 1件
Webチャット
ランディングページ 制限あり
Webサイトページ Webサイトページ:50件
動的コンテンツ:利用不可
共有受信トレイ 受信トレイ:1件
チャットボット 追加機能あり
URLマッピング
支払い 米国拠点で利用可能
権限セット 権限テンプレートのみ
複数通貨対応 通貨:5種類
CTA デバイスタイプ、国、リファーラルURLなどを基準としたカスタムターゲティングは含まれない
パーソナライズトークン
1対1のテクニカルサポート Eメール、アプリ内チャット
必須フィールド

Professional プランでできること

Professional プランでは、Starterプランで使用できる全機能に加えて、特に以下の機能が使えるようになります。Starterプランから追加して使用可能な件数についても紹介します。

Starterプランに比べてProfessional プランは、効果的にWebマーケティングを行える大きな機能が追加されています。たとえば、コンテンツコンテンツ戦略やA/Bテストの実施、Google Search Console連携やSEOアナリティクスなどです。

これだけ、多くの機能が追加され、月額は税込みで43,200円(2023年12月現在)と安価で利用できるため、小規模~中規模にかけての企業に向いているプランといえるでしょう。

Starterプランの全機能に加えて以下の機能、また使用可能な件数が追加されています。

機能 概要
Starterの全機能
製品ライブラリー 1,500万件
Webサイトトラフィック分析 Webアナリティクスダッシュボードをカスタマイズ可能
レポート・ダッシュボード ダッシュボード:25件
ダッシュボードごとレポート:30件
SEO推奨 高度な推奨
サブドメイン、ルートドメイン、CCTLDの利用 ルートドメイン:1件
サブドメイン:無制限
CCTLD:無制限
フォーム HubSpotロゴなし
その他追加機能あり
アプリ・アセットマーケットプレイス 互換性のあるアプリ、テーマ、テンプレート、モジュール
広告管理 広告タイプを全て利用可
オーディエンス:5件
Facebook Messenger連携 高度なMessengerボット分岐、詳細レポート
リストのセグメンテーション 動的リスト:10件
静的リスト:1,000件
多言語コンテンツの作成 使用可能な言語:無制限
Webサイトページ・ブログ記事の多言語バージョンを作成可能
ランディングページ:使用可
ブログ 100件
Webチャット
ランディングページ 制限あり
Webサイトページ Webサイトページ:最大10,000件
動的コンテンツ:利用可
共有受信トレイ 受信トレイ:100件
チャットボット 追加機能あり
URLマッピング
支払い 米国拠点で利用可能
権限セット 権限テンプレートのみ
複数通貨対応 通貨:30種類
1対1のテクニカルサポート Eメール、アプリ内チャット、電話
コンテンツ戦略
A/Bテスト
パスワード保護されたページ
標準的なコンタクトのスコアリング スコアリングプロパティー:5件
HubDBを使用した動的コンテンツ
サイトツリー
スマートコンテンツおよびレポート
Google Search Console連携
標準CRMインターフェース設定 左サイドバー、右サイドバー、ボードカードの設定
条件付きロジックの適用
オブジェクトタイプごとのカスタマイズ:20件
プリセット 5件
コンタクト作成アトリビューション コンタクトとのコミュニケーションの追跡:10,000件
コンテンツステージング
関連付けラベル オブジェクト同士の各ペア間のラベル:10件
チーム 10チーム
計算プロパティー 計算プロパティー:5件
動画のホスティング・管理 動画数:50件
SEOアナリティクス
動的なパーソナライズ 制限あり
カスタムレポート カスタムレポート:100件
Salesforce連携 フィールドマッピング:500件
Salesforce担当者:1,000件
アカウント:1件
重複管理
アナリティクスビュー アナリティクスビュー:25件
共有受信トレイのカスタムビュー カスタムビュー:50件/アカウント

 

Enterpriseプランでできること

CMS HubのEnterpriseでは、Professional プランの全機能が使用でき、さらに複数の機能が追加された最上位のプランです。

Enterpriseでは、「アクティビティーの記録」「コンテンツの承認」「Webサイトのパフォーマンス監視」など、Professional に比べてより詳細の設定を行えるようになります。

月額も税込みで432,000円(2023年12月現在)と価格が大きいため、大企業、大規模ECサイトの運営など、複数人で管理するような大きな事業向けのプランです。

機能 概要
Professionalツールの全機能
Webサイトトラフィック分析 標準的なWebアナリティクスダッシュボード
レポート・ダッシュボード ダッシュボード:50件
ダッシュボードごとレポート:30件
サブドメイン、ルートドメイン、CCTLDの利用 ルートドメイン:1件
サブドメイン:無制限
CCTLD:無制限
フォーム HubSpotロゴなし
その他追加機能あり
標準的なコンタクトのスコアリング コンタクトスコアリングプロパティー:25件
広告管理 広告タイプを全て利用可
オーディエンス:15件
Facebook Messenger連携 高度なMessengerボット分岐
カスタムアクション
コードスニペットの使用
Webサイトページ Webサイトページ:10,000件
動的コンテンツ:利用可
権限セット 権限セットを独自にカスタマイズ・保存可能
複数通貨対応 通貨:200種類
プリセット 100件
チーム 300チーム
チーム編成方法を複数プラス
計算プロパティー 計算プロパティー:200件
動的なパーソナライズ 追加機能あり
カスタムレポート カスタムレポート:500件
Salesforce連携 フィールドマッピング:500件
Salesforce担当者:1,000件
アカウント:1件
重複管理
アナリティクスビュー アナリティクスビュー:50件
ログイン済み訪問者の識別
共有受信トレイのカスタムビュー カスタムビュー:600件/アカウント
アクティビティーの記録
リバースプロキシー設定
コードアラート
コンテンツの承認
コンテンツのパーティション化
Webサイトのパフォーマンス監視
サンドボックス コンタクト:10万件/アカウント
Webアプリ
フィールドレベル権限
適応型テスト ページバリエーションテスト:5件
別ユーザーとしてログイン
シングルサインオン
追加のルートドメイン コアドメインに加えルートドメインを9個追加
管理者通知の管理
Salesforceのカスタムオブジェクト同期 カスタムオブジェクトのマッピング:10件/アカウント
メンバーシップ
カスタムオブジェクト オブジェクト:10件
合計1,000,000件のカスタム オブジェクト レコード
50件のカスタム オブジェクト パイプライン。

 

他の製品も検討しているならCRM Suiteがおすすめ

これまで、HubSpotのCMS Hubについて解説してきました。ただ、CMS Hubは専門的な部分に特化したツールです。他の機能も網羅的に使用したいという企業には、CRM Suiteがおすすめです。

CRM Suiteとは

HubSpot CRM Suite

出典:HubSpot Japan

CRM Suiteとは、一連のマーケティング活動に必要なツールを1つにまとめた統合型プラットフォームです。以下の活動に必要とされる機能が搭載されています。

  • マーケティング
  • 営業
  • カスタマーサービス
  • Webサイト管理
  • オペレーション

HubSpotの代表的な5製品と同様、グレードごとのプランも用意されているため、ビジネスの成長に合わせて機能を拡張できます。

CRM Suiteの料金表

CRM Suiteにも、「Starter」「Professional」「Enterprise」とプランがあります。プランごとの使用可能な機能や内容、月額が異なります。

HubSpot CRM Suite 料金プラン

 

HubSpot CMS Hubの導入支援

HubSpot社のCMS Hub導入支援活用

HubSpot CMS Hub 導入支援 

出典:HubSpot Japan

HubSpot CMS Hubは、導入支援サービスも充実しています。導入によって効果的にデータを活用し、SEOを考慮した最適なWebサイトの構築をHubSpotがサポートします。

さらに、導入する企業の事業目標を念頭に置きながら、リードとの関係構築に役立つコンバージョンパスの検討や、Webサイトのコンテンツ制作に関するベストプラクティスなど、最新の活用方法を支援いたします。

CMS Hubの導入支援サービスで提供されるアドバイスの内容は「Professional」「Enterprise」によって異なります。価格とともに項目を以下の表にまとめました。(2024年2月現在)

HubSpot CMS Hub 導入支援サービス内容

HubSpotパートナーのCMS Hub導入支援活用

HubSpot認定パートナー

出典:HubSpot Japan「日本の高評価のパートーナーまたはサービスプロバイダー」

HubSpot社以外に、HubSpot認定のパートナー企業に支援を依頼することも可能です。HubSpot認定のパートナーはHubSpot社と密接に連携し、常に最新の情報をもとにサービスを提供しています。

HubSpot社が提供するCMS Hub導入支援と比較して、より柔軟かつカスタマイズされた提案・支援を行える点が大きなメリットになります。

パートナーに依頼をする際に、しっかりと自社の導入目的や必要な機能などを洗い出しましょう。また、パートナーによっても得意とする分野が異なるので、依頼前に直接話す場を設けることが重要です。

まとめ

HubSpot CMS Hubを導入することで、専門的な知識がなくても自社のWebサイトを簡単に構築できます。あらかじめ用意してある「テーマ」を使用すれば、Webデザインの知識が無くても、魅力的なレイアウトのWebサイトを作成できます。

自社の状況から最適な料金プランを選定することが非常に重要です。CMS Hubを検討される際はまずは目標から逆算して必要な機能の洗い出しから始めてみましょう。多くの機能が存在し自社でのプラン選定に難航している場合は、HubSpot社やHubSpot認定パートナーに相談しましょう。

渋谷 真生子

株式会社100(ハンドレッド)のマーケター。新卒でグローバルヘルスケア企業で営業を経験し、セールスフォースにてBDRとして地方企業の新規開拓に携わる。コロナ渦でインバウンドマーケティングの重要性を実感し、アイルランド ダブリンにあるトリニティカレッジの大学院にてデジタルマーケティングの学位取得し現在に至る。最近はかぎ針編みにハマり中。

We are HubSpot LOVERS

ビジネスの成長プラットフォームとしての魅力はもちろん、
HubSpotのインバウンドマーケティングという考え方、
顧客に対する心の寄せ方、ゆるぎなく、そしてやわらかい哲学。
そのすべてに惹かれて、HubSpotのパートナー、
エキスパートとして取り組んでいます。
HubSpotのこと、マーケティング設計・運用、
組織の構築など、どんなことでもお問い合わせください。

HubSpotのことならお任せください

お問い合わせフォーム