ブログ
Blog

HubSpotとSalesforceの違いとは?どちらが自社に最適なのか比較、口コミ、連携のメリットをわかりやすく解説

ブログ記事_バナー (19)

現代のビジネスにおいて、CRM(顧客関係管理)システムの活用は欠かせません。数あるCRMサービスの中でも、HubSpotとSalesforceは業界をリードするソリューションとして知られているため、どちらを導入すべきか迷う方も多いでしょう。

しかし、両製品を比べるとコンセプトや仕様が異なるため、それぞれを比較した上で最適なサービスを選ぶ必要があります。本記事では、HubSpotとSalesforceの主な特徴、価格、機能の違い、口コミなどを解説しますので、参考にしてください。

HubSpotとは

HubSpot Japan

出典:HubSpot Japan

HubSpotは、CRM(顧客関係管理)機能を軸に、マーケティング・営業・カスタマーサービス向けのツールを統合したクラウド型のプラットフォームです。

その核となるのは、「インバウンドの思想」です。HubSpotは、顧客を引き付け、関与させ、喜ばせることによって、より効果的なマーケティングとセールスの結果を生み出すことを目指しています。

HubSpotの特徴

HubSpotのプラットフォームは、デジタルマーケティングの効率化と顧客関係構築の最適化を目指して設計されています。

ユーザーフレンドリーなインターフェースと広範囲な統合オプションを持ち、企業がマーケティング活動を容易に管理できるよう支援します。コンテンツ生成、SEO、SNS戦略、リード管理など、マーケティングのあらゆる側面をカバーしています。

HubSpotの特徴は、その使いやすさと効果的なリード生成・管理機能にあり、特に中小企業やスタートアップにも使いやすいサービスです。

HubSpotの製品群

 

HubSpot 製品群

出典:HubSpot Japan

HubSpotの製品群は、マーケティング、セールス、サービス、コンテンツ管理などの分野をカバーしており、それぞれのビジネスニーズに合わせてカスタマイズ可能です。

HubSpot 製品群

これらは、ビジネスの成長に合わせて選択・組み合わせることができ、各企業の特定のニーズに対応します。また、各製品の基盤として無料のCRMも提供されていますので、スモールスタートが可能です。

Salesforceとは

Salesforceは、世界中で利用されているクラウドベースのCRMプラットフォームです。最大の特徴は、高度なカスタマイズ性と拡張性です。

Salesforceは、多岐にわたる業種とビジネスニーズに対応するために、高度な機能と統合オプションを提供します。特に大規模な企業や複雑なビジネスプロセスを持つビジネスに適しており、顧客体験価値を高める包括的なツールを提供します。

Salesforceとは

出典:Salesforce Japan

Salesforceは、企業がマーケティング、セールス、サービスの各プロセスを効率的に管理し、顧客体験を向上させるための機能を備えているのが特徴です。データ駆動型のアプローチと強力な分析ツールによって、企業の意思決定と戦略立案をサポートします。

また、APIとの広範な統合により、既存のシステムやサードパーティのアプリケーションと容易に連携できる点もポイントです。特筆すべき点は、カスタマイズ性と拡張性の高さであり、企業独自のプロセスや業界特有の要件に対応するために、多くのカスタマイズオプションを提供します。

Salesforceの製品群

 

出典:Salesforce Japan

Salesforceは、企業のCRM関連のあらゆるニーズに対応するために、複数の製品を提供しています。その中でも、Customer 360は、営業、マーケティング、顧客分析、カスタマーサービスなど、Salesforceのすべてのアプリケーションと機能を統合したプラットフォームです。

Customer 360は、顧客に関するあらゆるデータを記録し、新しい情報が入ればリアルタイムで更新されます。それにより、各部門担当者は顧客にとって最適なアプローチが可能になります。

Customer 360を構成する代表的な製品は次のとおりです。

Salesforce 製品群

HubSpotとSalesforceの価格比較

HubSpotとSalesforceは、CRMプラットフォームとして高いシェアを誇るサービスです。一方、多くの企業にとっては費用面も気になるところでしょう。ここではHubSpotとSalesforceの費用についてそれぞれ詳しく解説します。

HubSpotの費用

HubSpotは、無料で使えるFreeプランを含め4つのプランから選択できます。プランによって使える機能が異なるため、利用用途やビジネスの目的にあわせて選択すると良いでしょう。

製品別

HubSpot 価格表※2023年11月時点の情報(税別)

CRM Suite

※2023年11月時点の情報

Salesforceの費用

Salesforceは、製品ごとにプランが分かれています。したがって、いくつかのサービスを組み合わせて利用したい場合は、それぞれ契約が必要です。

また、サービスによっては費用が明確に決まっていないため、問い合わせをした後、見積もりを取得する必要があります。目的や用途によっては、費用が高額になる可能性もあるため注意しましょう。

ここでは、Salesforceの代表的な製品であるSales Cloud、Service Cloud、Marketing費用を紹介します。

Sales Cloud

Salesforce Sales Cloud 価格表

参考:Salesforce Sales Cloudの価格

 

Service Cloud

Salesforce Service Cloudの料金表

参考:Salesforce Service Cloud料金

 

Marketing

参考:Salesforce Marketing価格

HubSpotとSalesforceの機能の比較

HubSpotとSalesforceはどちらも機能が豊富で高性能であり、営業、マーケティング、カスタマーサポート業務の効率化に役立ちます。さらに、導入企業の成長にあわせて柔軟にカスタマイズできるのが特徴です。

一方、それぞれ比較すると両製品では異なる部分があります。例えば、Salesforceは高度なカスタマイズ性により、各企業の特定のニーズに合わせたダッシュボードやレポーティング機能を提供します。一方、HubSpotはリード生成やマーケティングオートメーションに特化しており、ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。

また、HubSpotは無料プランでも数多くの基本機能を提供しているため、小規模なビジネスやスタートアップにも最適です。一方、Salesforceは機能が豊富でビジネスニーズにあわせてカスタマイズできるため、より大規模な組織や専門知識を持つユーザーに適しているといった違いがあります。

両社の機能の違いを、営業、マーケティング、カスタマーサポートの3つの観点でまとめると次のとおりです。

HubSpot Salesforce比較

HubSpotとSalesforceの口コミの比較

ここでは、レビューサイト「ITreview」「G2」に投稿された口コミをもとに、HubSpotとSalesforceの利用ユーザーのリアルな声を紹介します。

HubSpotのポジティブな口コミ


問い合わせ時のチャット対応が迅速かつ的確で素晴らしいです。不明点がすぐに解決できますし、設定内容の確認もしていただけるので非常に助かります。ワークフロー(自動化設定)の設定が簡単にできるので、運用の自動化がしやすいです。引用:ITreview

HubSpot SalesHub は、すべての販売業務を管理し、ワークフローを自動化するのに役立ち、少ない労力でより多くの成果を上げることができます。使いやすく、展開も迅速で、結果は強力です。私たちのクライアントは、すぐに利益が得られることが明らかなため、このプラットフォームを気に入っています。使いやすいプラットフォームでもあります。引用:G2

Hubspot Sales には、優れた便利でシンプルなツールが多数用意されています。タスク ツールは、顧客へのフォローアップを忘れずに行うのに特に役立ちます。私も、見込み客/アクティビティ フィードの大ファンです。ボタン 1 つをクリックするだけで、メールでやり取りしたすべてのユーザーが表示される手軽さです。すべての機能は複雑ではなく使いやすいです。引用:G2

HubSpotのネガティブな口コミ

翻訳が間に合っていないのか、あきらかに不自然な日本語で説明されているところがある。おそらく内部でも課題としては上がっているだろうから、少なくとも日々使うような場所の表現は的確にしてほしい。今ですと、その不適格表現を目にするたびにhubsoptだからしょうがないか、と割り切った気持ちになるので、双方によくないと思います。引用:ITreview

外資だから仕方無いとは思うのですが、ブラウザの翻訳機能に頼らないといけないのは製品としてイケてないと思うので、多言語対応はすべきだと思います。また、MAなどの機能もありますが最初がCRM起点なのでSFAの後発組(ちきゅうさんやセンシーズさん)と比べると画面が見にくい、アウトプットで前週比較が出来ないなど、機能としては惜しい所がおおい。引用:ITreview

正直なところ、あまりにも…一貫性がなく、連絡先を整理するのが難しく、電子メールには一度に 50 件の連絡先しか登録できません。レポートを簡単に取得できない。テンプレートとスニペットが交換可能であればいいのにと思います。メインのテンプレートが 1 つあればいいのですが、何らかの理由で同じだが複数のシーケンスにあるテンプレートが多数あるため、削除できません。メールを検索すると、多くの場合、メールは表示されませんが、ランダムな内容がたくさん表示されます。検索機能が改善されると嬉しいです。引用:G2

Salesforceのポジティブな口コミ

弊社の顧客管理ツールをセールスフォースを使用している決め手は、弊社の事業にそってカスタマイズできることです。知識は必要ですが、カスタマイズ機能が優れていて、自社で運用しやすいように設定することが可能な点がとてもいいです!引用:ITreview

営業の活動量や数値管理に向いています。データを入力すると、データが資産として蓄積されていくので、データドリブンな意思決定ができるようになり、活用が進むほど効力が高まります。引用:ITreview

非常にユーザーフレンドリーなプラットフォームで、リードと機会の管理に役立ち、パフォーマンス評価のための広範なレポートを作成することで、行われた活動の概要を把握し、貴重な洞察を得るのに役立ちます。データを手動でコンパイルする時間を節約し、Salesforce を使用すると、レポートを作成し、リードのタイプ、名前、作成日、年齢、リードソースなどのフィルターごとにデータをカスタマイズできます。引用:G2

Salesforceのネガティブな口コミ

Salesforceの提案する4ステップマーケティングは従来の営業手法(足で訪問して稼ぐ)を脱する事ができ、またSFDCを通して情報が共有されることにより、エクセルの非効率な管理から解放されるため非常に活気的だと思います。ただし、高齢の社員や忙しい社員はSFDCへ日々数値、活動履歴を入力するという習慣を付ける事が容易ではなく、社内全体で取り組まないと活用は難しくなります。(事実、弊社では単なる承認システムに成り下がっています)まずは会社のトップがマーケティングを深く理解することが重要であり、トップダウンで進めないと頓挫する可能性が高いです。引用:ITreview

まず何と言っても、ライセンス高い。抑えたライセンス価格形態であってほしい。使いこなせれば最強なのだが、ハードルが高い。ITリテラシーが高めの方でも設計、改善は何度も壁にぶち当たる。自由度が高い分、カスタマイズには専門の知識を必要として、くじける。シンプルですぐ導入可能な機能がほしいとも思う。引用:ITreview

Salesforce は私が今まで使った中で最も難しい CRM です。最も単純なことをまとめるのに Salesforceの管理者が必要であることに驚きました。サポートとメンテナンスに多額の費用がかかる CRM を探しているなら、Salesforceが最適です。シンプル、簡単、直感的という形容詞は、Salesforceには当てはまりません。引用:G2

HubSpotがおすすめな企業の特徴

HubSpotはその独特な機能と価格設定により、特定のビジネスニーズに非常に適しています。特に価格面、使いやすさ、インバウンドマーケティングの強化を重視する企業にとって、HubSpotは優れた選択肢となります。

価格を抑えて導入をしたい

HubSpotは、無料で提供されるCRM機能から始まり、ビジネスの成長とともに必要に応じて有料プランにアップグレードすることが可能です。このフレキシブルな価格設定は、特に予算に制約のあるスタートアップや中小企業にとって魅力的です。

無料プランでは基本的なCRM機能が提供され、ユーザーは追加費用なしで顧客データの管理、メールの追跡、リードの獲得などを行うことができます。ビジネスが成長するにつれて、より高度なマーケティングオートメーションやセールス機能が必要になった場合に、スムーズに有料プランへの移行が可能です。

定着化がしやすいシステムを導入したい

HubSpotのプラットフォームは、特に初心者にも使いやすいと評価されています。その直感的なユーザーインターフェース(UI)は、短期間での慣れと効率的な操作を可能にします。Infogramの調査によると、CRMシステムのユーザビリティは従業員の満足度と生産性の向上に大きく寄与しています。

Infogramの調査:CRMシステムのユーザビリティは従業員の満足度と生産性の向上に大きく寄与

出典:infogram

HubSpotのシンプルな設計は、チーム全体が迅速にシステムを採用し、日々の業務に統合することを容易にします。この使いやすさは、特にテクノロジーに精通していないチームメンバーにとって重要な利点です。

インバウンドマーケティングを強化したい企業

「インバウンドの思想」を掲げるHubSpotは、インバウンドマーケティング分野の代表格として認識されています。HubSpotを活用することで、コンテンツマーケティング、SEO、ソーシャルメディア戦略、リードナーチャリングといったインバウンドマーケティングの核となる活動を一元管理できます。

特に、HubSpotのCMSプラットフォームは、効果的なコンテンツの作成と配信を支援し、効率的に潜在顧客を引き付けます。例えば、SEOツールやソーシャルメディア統合機能は、コンテンツの可視性を高め、より広範なオーディエンスへのリーチを実現します。

これらの機能は、インバウンドマーケティング戦略を中心に事業を展開したい企業にとって理想的な選択肢となります。

Salesforceがおすすめな企業の特徴

Salesforceは、その高度なカスタマイズ性と包括的な機能により、特定のビジネスニーズに非常に適しています。ここではSalesforceの導入が向いている企業の特徴を解説します。

システム設計やCRMに詳しい専任の担当者を用意できる

Salesforceは、その複雑性とカスタマイズ性から、専任の担当者による管理が必要とされます。Salesforceを最大限に活用するためには、システム設計やCRMに精通したプロフェッショナルが不可欠です。

これらの専門知識を持つ担当者がいる場合、Salesforceは非常に強力なツールになります。専任の担当者がいれば、企業の特定のニーズに合わせた高度なカスタマイズや統合が可能となり、ビジネスプロセスを効率化し、顧客体験を大幅に改善することができます。

企業特有の複雑なカスタマイズや業界に特化したシステムが必要

出典:Salesforce 業界別ソリューション

Salesforceは、金融サービスや消費財など特定の業界に特化した製品群を提供しています。これらの製品は、特定の業界の複雑な要件に対応するために設計されており、業界特有のカスタマイズやシステム実装が必要な企業にとって理想的です。

Salesforceのカスタマイズ性は、企業が独自のビジネスプロセスや業界特有の動向に対応するための高度な機能と柔軟性を提供します。

分析機能を重要視している

Salesforceのレポートとダッシュボード機能は、業界内で特に高く評価されています。これらのツールは、複雑なビジネスデータを理解し、洞察に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。

特に分析機能では、多岐にわたるデータポイントを統合し、リアルタイムでの洞察提供を可能にします。したがって、データドリブンの意思決定を重視する企業にとって、Salesforceは有用なツールとなるでしょう。

HubSpotとSalesforceは連携が可能

HubSpotとSalesforceの連携は、これら二つの強力なプラットフォームを組み合わせることで、マーケティングとセールスの効率を大幅に向上させることができます。この連携により、データの一元化、リード管理の最適化、そしてマーケティングとセールスのプロセスをシームレスに統合することが可能になります。

それでは、具体的にHubSpotとSalesforceの連携がどのようなものであり、どのようなメリットをもたらすのかを見ていきましょう。

HubSpotとSalesforceの連携とは

HubSpot Salesforce連携

HubSpotとSalesforceの連携は、両方のプラットフォーム間でデータを同期させることを意味します。この連携により、HubSpot MarketingとSalesforceのデータベースが双方向で同期され、マーケティングとセールスのデータが一元化されます。

セットアップも簡単で、高度なITスキルは不要です。リードに関する詳細情報や収益レポートの作成が可能になり、マーケティングプロセスとセールスプロセスを効率的に統合できます。

HubSpotとSalesforceを連携するメリット

HubSpotとSalesforceの連携により、企業のマーケティングとセールスの効率が大幅に向上し、成果の最大化が期待できます。特に、両システムを連携する企業の多くは、マーケティング活動はHubSpotで、営業活動はSalesforceで行われることが一般的です。

ここでは、HubSpotとSalesforceを連携することで得られる具体的なメリットを3つ紹介します。

データの一元化と効率的な共有

HubSpotとSalesforceを連携することで、リードに関する重要なデータや収益情報を両システム間で共有できます。マーケティングチームがHubSpotで生成したリード情報やキャンペーンデータは、Salesforceでの営業活動に直接活用されます。これにより、マーケティングチームとセールスチームの間で情報がスムーズに流れ、より効率的なコミュニケーションと協力が実現します。

・リード管理の最適化

連携により、HubSpotでのリードスコアやリードに関する活動(Eメールの開封、フォームの送信、ウェブサイトアクティビティなど)がSalesforceに自動的に反映されます。

これにより、営業チームは優先的にアプローチすべきリードを効率的に特定し、成約率の向上を図ることができます。また、マーケティングチームの努力がどのように営業成果に貢献しているかを明確に把握することが可能になります。

・マーケティングとセールスの統合

Salesforce上のコンタクトやアカウントの詳細データを利用して、HubSpotでマーケティング用のEメールをパーソナライズすることが可能になります。

また、マーケティングキャンペーンの成果がSalesforceに反映されるため、マーケティング活動が収益拡大にどの程度貢献しているかを明確に把握できます。

≪関連記事≫
HubSpotとSalesforceの連携の仕方をわかりやすく解説!ツールごとの違いや連携メリット、注意点も紹介

まとめ

本記事では、HubSpotとSalesforceの違いを詳しく解説しました。HubSpotとSalesforceは、いずれも高機能で柔軟性の高いCRMプラットフォームですが、両製品を比較すると、それぞれ異なるビジネスニーズに適した特徴を持つことがわかります。

HubSpotは、営業・マーケティング・カスタマーサービスに役立つ機能が包括されているため、それ一つであらゆるビジネスニーズに対応できます。一方、Salesforceは高度なカスタマイズ性と分析機能で、より規模が大きな組織や複雑なビジネスニーズを持つ組織に適したサービスです。

どちらのプラットフォームを選択するかは、企業のニーズ、予算、戦略によって異なるため、最適なサービスを検討しましょう。また、HubSpotとSalesforceは連携も可能で、それぞれの特徴や強みを掛け合わせることで、さらなる効率化を図ることが可能です。

渋谷 真生子

株式会社100(ハンドレッド)のマーケター。新卒でグローバルヘルスケア企業で営業を経験し、セールスフォースにてBDRとして地方企業の新規開拓に携わる。コロナ渦でインバウンドマーケティングの重要性を実感し、アイルランド ダブリンにあるトリニティカレッジの大学院にてデジタルマーケティングの学位取得し現在に至る。最近はかぎ針編みにハマり中。

We are HubSpot LOVERS

ビジネスの成長プラットフォームとしての魅力はもちろん、
HubSpotのインバウンドマーケティングという考え方、
顧客に対する心の寄せ方、ゆるぎなく、そしてやわらかい哲学。
そのすべてに惹かれて、HubSpotのパートナー、
エキスパートとして取り組んでいます。
HubSpotのこと、マーケティング設計・運用、
組織の構築など、どんなことでもお問い合わせください。

HubSpotのことならお任せください

お問い合わせフォーム